柴田恭久「京都オークション作品」です

 

 『緑釉竹節急須揃』

 

新しい釉薬、焼成方法に挑戦した作品です

全体に竹の意匠で、轆轤挽きの後細工して仕上げています

一本ずつ作った竹のひご(粘土です)を貼りつけて成形しています

蓋は竹を割った節の雰囲気にしています

 

つまみは竹の根です

 

後ろ姿です

内側はお茶の色がわかるように白く釉薬を掛け分けしています

 

茶こしも付いています

日本の煎茶を飲まれる場合は必要だと考えています

 

揃えの汲み出しです

 

薄手で口当たりよく漆の茶托に良く映えます